ソウル部屋ナビは、ソウルを中心とした韓国の不動産物件をご紹介する不動産情報サイトです。

トップページ物件検索当社の特徴韓国の不動産慣習サービスの流れ物件探しリクエスト会社概要

韓国の不動産慣習

韓国の不動産について

チョンセ契約

(例)1億ウォンを家主に払い、
2年間その家に住む契約を交わしたとする。

毎月の家賃は無料(管理費のみ支払う場合も)
そして2年後、入居時に払った1億ウォンを
家主から返してもらえるというシステムです。

「実質タダで家を借りれるの?」っという疑問が上がりますが。

家主は契約期間の間、最初に受け取ったチョンセを自由に運用することができます。
他に投資したり、銀行に預けたりとさまざまです。
「もし預けたお金が失ったらどうなるの?」っという不安もありますが、
ご安心ください。
家主は住人が家を出るときには必ずチョンセを全額返さなければならないように入居時契約を結びます。(法務士によるチョンセ権設定)

万が一家主がチョンセのお金を戻せなくなった場合は、
その物件を競売する等でチョンセのお金を戻すこととなります。

契約時に登記簿謄本で借り入れ額をチェックいたしますが、
この借り入れ額が物件の売買価格より高い場合は
契約は遠慮して頂く場合もございます。
詳細は問い合わせにて宜しくお願い致します。

ウォルセ契約

韓国に住んでいる日本人のお客様のほとんどが、このウォルセ契約をされています。
一定の保証金を賃貸人に預け、毎月家賃を支払うという契約です(保証金は原則として退去時に全額返還)
(例)
アパートの場合   保証金  3,000万W 月家賃 150万W
ワンルームの場合 保証金 500万W  月家賃 50万W
保証金、家賃は立地場所、築年数、オプションなどによりに差があります。
保証金が用意できない場合は預ける保証金の額を下げて、月家賃を上げるという方法もあります

レント契約

保証金の預託なしに契約期間の家賃を一括で支払う契約方式。
保証金返還に伴うリスクが無く、 外国人住人が多い地域(二村、梨泰院などの地域)で使われる。家具、家電付のオプションが豊富。

「確定日付の設定」について

確定日付とは、 保証金を守れるようにするための手続きのことをいいます。
韓国の住宅賃貸借保護法で定められており、 韓国の公的機関(公証人、役場など)で申請が可能です。手続きをした日付をもって、権利が保証されるようになります。そのため「確定日付」と呼ばれています。もし物件のオーナーが破産し、保証金を返せない状態になり、競売にかけられることになっても売却金額から返却ができるので、保証金保護対策になります。 6,000万ウォン以下の保証金を賃貸人に預託し、入居している賃借人に最大2,000万ウォンまで保証してくれます。

多額の保証金をオーナーに預ける不安を解消するために 確定日付、チョンセ権設定という方法があります。こういった手続きも弊社で代行いたしますのでご安心ください。

韓国の住宅について

アパート(日本でいう分譲マンション)

初めて韓国に来られて、高層アパートの数に驚かれた経験もあるかと思います。ソウルの人口60%がアパートに居住しているとも言われます。常時警備員も居て、セキュリティー面はもちろんのこと、管理費も安いのが特徴。
日本人駐在員の方々の多くがアパートに住んでおります

dummy

オフィステル

ワンルーム、1LDKタイプの高層建物です。
アパートよりは広くなく、家賃は安くなりますが、管理費は
アパートより高めになります。オフィステルの長所はビラよりもセキュリティー面に優れ、バス、地下鉄にアクセスしやすい位置に立地しています。建物の地下にはスーパーマーケット、クリーニング屋、1階には店舗が入店していることが多く。ちょっとした買い物などは建物内で簡単に済ませることができます。
1人暮らしにはちょうど良いタイプです。

dummy

ビラ

5 階建て以下の低層建物をいいます。
ワンルームから1LDK タイプなど、さまざまな部屋があり、 比較的家賃、管理費が安く、建物のオーナーが最上階に居住し管理しているケースが多いです。セキュリティー面、隣人との騒音の問題や入居者の入替りが激しく、日本人には人気は高くないようです。しかし、最近の新築ビラではセコムなどの大手警備会社と提携し、セキュリティーに力を入れている物件もあり、高級志向のビラも最近では目立ちます。

dummy

一戸建て

日本のように一戸建ては多くなく、数も年々減少しております。ソウルの冬はマイナス5度−15度にもなり、冬場は管理が難しいことから、韓国に住む家庭は一戸建てからアパートに移り住む場合は多いようです。
一戸建に居住している日本人もほとんどいないようです。

dummy

レジデンス

ホテル式のサービスと建物内の施設も豊富で「ホテルに住んでいる感覚」を味わえます。レジデンスは ‘ホテルみたいな家、をコンセプトにしてあり、セキュリティーはもちろんのこと、入居者のためのサービスはさまざまです。
費用面もホテルより安く、ビジネス短期滞在向けです。

dummy

コシウォン

「寮=共同生活」というイメージです。
特に大学周辺にたくさんあり、部屋の広さは3,4畳程でベットと机を置いたらスペースはほとんどなくなる広さです。また壁も薄く、プライバシー的にも欠けるようです。
台所は共有で使用し、コシウォンによっては「ご飯とキムチ」だけ無料で食べ放題というところもあるようです。

dummy

日本人が多く住むエリア

東部二村洞エリア

日本人駐在員のが最も多く住む街です。
日本でいう団地のような雰囲気になっていて道も綺麗で静かである。特にファミリーの駐在員に人気のエリアであり、スーパー、病院、日本食レストラン、日系銀行等が多く、日本人が利用しやすい施設が揃っています。また 、竜山家族公園、漢江市民公園など都心公園も多く、住民が快適に住めるよう自然の休息空間が多いのが特徴です。

dummy

江南エリア

韓国人にも最も人気が高く、韓国最高の地価をもつ街です。アパート団地や高級ビラ、 超高層タワー型マンションなどの共同住宅で暮らす地域で、大型デパートと文化施設、緑地などがうまく調和し、住民が日常生活を営む上で便利な立地的条件を揃っているのが特徴です。
江南のオフィスエリアに会社のある駐在員に人気のエリアです。サムソン本社もあるエリアである。

dummy

麻浦、孔徳エリア

地下鉄5号線の麻浦駅と孔徳駅周辺を中心に、 比較的新しい団地型分譲マンションやタワー型分譲マンションが多くあります。特に、2LDKタイプのマンションも多く、ソウル市庁周辺やヨイドに会社がある単身の駐在員に人気のエリアです。

dummy

新村、梨大エリア

2号線新村駅から徒歩圏内に 延世大学、梨花女子大大学、西江大学などの大学が多く、日本人留学生に人気なエリアです。学生街なだけに飲食店も多く夜まで賑やかなのが特徴です。

dummy

韓国不動産慣習の理解

住んでいる部屋を見る?見せる?

韓国では契約満期の3週間前程からは、次の入居者探しのために、
現在お客様が住んでいるお部屋の中を見学させることに
協力をしなければなりません。(見学前にお電話等で連絡して)

日本では空室の状態で物件見学をしますが、
韓国では住んでいる部屋に入って物件見学することも多くあります。

この点、ご理解の程宜しくお願い致します。



  • よくあるご質問
  • リンク紹介
  • プライバシーポリシー

dummy